ネットだから仕方ないを無くす努力をしています

騙された!が決定的に無くなる具体策

ヤフオクでブランド品のバッグお得に安心して購入する方法

 
 

こんにちは^^
フォースマイルの渡辺です!

度々頂く質問なのですが、
「ヤフオクって、偽物を高く買うところでしょ?」
と思われている方が非常に多いですね^^

そして、安く安心して購入できる。
これを、実現できれば、良いなぁ♪

と思っていても、なかなかいい出品者が
見つからないで困っている方。
非常に多いと思います!

そんな、安く購入できて、良い出品者を、
見つける方法について、まとめていきます^^

【安くお得に!】には、決定的な弱点がある

ヤフオク内で、ブランド品を販売している。
そういった出品者の中には、下記のような、
謳い文句を、提示している人がいます。

 

  • 画像と商品の見え方の誤差を無くします
  • 選りすぐりの商品を、安く提供します!
  • いい商品を、安く提供できるのは◯◯があるから!

 

とか、なんとも、お得感があるように、
文章をまとめている方がいるんですよね。

私もヤフオクでのお買い物は楽しいですから。
よく、購入するのですが。

はっきり言って、ウソっぱちの方々が、
本当に多いですね^^;

【質の悪い】出品者の特徴とは?

では、質が悪い。
購入者の視点に立てていない出品者って、
どんな特徴があるんでしょうか。

 

  • 写真が綺麗すぎる
  • 写真と届いた商品の色合い・状態が違いすぎる
  • キレイだと謳っていて、実際は汚い

 

最後のやつは、最悪ですね(笑)

つまり、損傷部分を、隠しまくっている、
という特徴があります。結果的に、
満足しなかれば。

返品は受け付けませんが、まかり通ってしまっている、
ヤフオクでは、購入者が、泣き寝入りするケースが、
非常に多い状況です。

【絶対しない!】泣き寝入り状態にならず、安心できる

私が、このようにブログを
公開しようと思った理由は、業者だからです。

購入者の視点に立つと、ものすご~く、
ひどい対応の人が、多いなぁ、という印象がありますし。
逆に、、、。

 

”良い業者さんに出会えてよかった!”

 

と、当社の商品を購入して、
喜んでくださる方もいて。もっと、
喜んでもらえる出品者が増えればいいなぁ。

もっと、購入して、喜んでほしいと思って。
このブログを作ったんですよね。

実際に、商品を安く購入して、安心して、
満足できる、そんな方法をまとめていきます。

【裏技?】商品を安く、手軽に購入する入札術

では、商品を安く購入して、
なおかつ!いい商品をゲットする方法について。
詳細をまとめていきますね^^

ポイントは3つあります。

 

  • 欲しい商品の目星をつける
  • 入札は少しずつ行う
  • 釣り上げ入札業者に気をつけろ!

 

です^^

実はヤフオク。
業者さんの中でも、釣り上げ入札と言われる、
自分の利益ばかりを考えている方がいます。

詳細は、下記から確認できるので、
知らないという方は、確認してみることを、
オススメします^^

⇒業者が行う釣り上げ入札の実態

【自由自在?】更にお得に欲しい商品を手に入れる方法

では、先程のお得に購入する。
という方法についてですが、いちばん重要なのが、
下記の内容となっています^^

”入札は徐々に行っていくこと”

やっぱり、オークションというのは、
熱くなってしまいますからね^^;

 

一気に入札しちゃえ―!
って感じになる方が多い状況です。
そこを、グッとこらえて、入札していく。

忍耐力が試されますね。
ですが、時間がないとか、この価格まで入れちゃえ!
当判断をするのも、それぞれの戦略ですので、
いいと思いますね^^

ただ、購入する際は、しっかりと、
信頼できる出品者から購入した方がいいです。

【一番信用できる?】良い出品者に巡り合う方法とは?

たとえば、当社の場合ですが。

  • 中古品だから仕方ないと諦めてしまう
  • 返品不可だから、泣き寝入りしてしまう
  • 商品状態は書かれているから、返品は不可

この状況があることに疑問を抱いています。
しかも自分の、利益しか考えない業者さんに、
怒りを覚えているくらいです。

誠実に対応していれば、日本人ですから、
理解して頂けることが、多いのに。

本当にもったいないです。

【特徴!】信頼できる出品者の特徴とは?

では、信頼できる人の特徴って、
どんな特徴があるのか、最後に整理してみます。

  • 評価が多数ある状況
  • いい評価ばかり集まっている
  • 悪い評価欄に、言い争いをしている形跡がない

こういった特徴がある出品者のところから、
商品を購入するといい思いができることが、
非常に多い状況ですね^^

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です